QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みっちょ
福島県郡山市大町の(有)吉田畳店(明治19年創業)の4人姉妹の三女として生まれ、昭和60年畳技能士の克浩氏と結婚。三女一男を授かり、両親と共に8人で暮らしている。
オーナーへメッセージ

喜んで!!!

先日ビックパレットでイベントを開催する京都のボランティア団体から電話が・・・
「こどもまつりで『忍たま乱太郎』にちなんだイベントをするんですが、もし捨てるような畳があったら5枚ほど貸して欲しいのですが・・・手裏剣を投げる体験をするのに使いたいんです・・・」
との事で昨夕畳を取りにいらっしゃいました。
映画の先行上映もされるそうで、「是非遊びにきてください!」とパンフレットなどいただきましたが、身長180CM程の息子と『忍たま乱太郎』を見るのもなんだかねぇ~

避難所や仮設住宅での生活をせざるを得ない子供たちが、畳に思いっきり手裏剣を投げて少しでもストレス解消してくれたらそれだけでうれしいですね!  


Posted by みっちょ at 2011年07月16日11:42
Comments(0)

放射能防止にゴザ?

先日工場に若い奥様がいらっしゃいました。
「あの~・・・もし畳のゴザのいらなくなったのがあったらいただけないでしょうか?・・・
 自宅のまわりの砂埃が舞い上がるので、放射能も舞い上がっていそうで、ゴザ敷きつめたら少しは良いかなあーと思って・・・」

表替えではがしたゴザは清掃センターでお金を払って焼却処分しなくてはならず、持ってってもらえるとこちらも大変助かるので、「お好きなだけどうぞ!」と持っていってもらいましたが、放射能に関してはホントに何を信じ、何をどうしたらいいのか、特に小さいお子さんをお持ちのお母様方は悩み、困り、出来うる限りのことをしたいと行動されているんですね。

うちの隣も前も道路拡張で市が買い上げ、山砂が敷かれていて風の強い日はスゴイ砂埃なんですが、市の土地にゴザを敷く訳にもいかず、さらに学校の校庭のように表土を削ってもらえるはずもなく、「もしかしたら放射能の値、ものすごく高いよね・・・」と言いつつ、震災前と変わらない生活をしているんですが大丈夫でしょうか・・・  


Posted by みっちょ at 2011年07月14日16:31
Comments(0)

変なお願いなんですが・・・

以前当店で畳替えをされた方からお電話が・・・
「変なお願いがあって電話したんですが・・・実はこの震災で自宅が全壊し、取り壊すことになりました。
何時っていう約束は今出来ないんですが、必ずここに又自宅を建てますのでそれまでこの畳を預かっててもらえないでしょうか?この間畳替えしたばかりでこのままがれきと共にゴミにしてしまうのが勿体ないなあと主人とも話し、もし畳屋さんで預かっててくれるんだったら・・・と思って・・・」
というお話で、早速自宅にお預かりに行ってきました。

郡山の街中にも崖崩れでこんな大変な状態になっている所があったんですね・・・

うちの周辺も蔵が立ち並び『芭蕉通り』と命名されていたのに、その蔵がほぼ全滅で今の所4棟が取り壊され更地になってしまいました。
道路拡張に伴う建物立ち退きと地震での取り壊しで、駅まで3分という立地なのにどんどん建物がなくなり寂しい限りです。
  


Posted by みっちょ at 2011年07月02日15:16
Comments(0)